ブログトップ

お花 to 園の情報

牡丹の原種

今日、雪の中、牡丹園へ行ってみました。その状況をお知らせします。
牡丹の木々は、昨年・今年の大雪にも負けず、皆様にお会いできる日を楽しみに成長していましたので、一安心です。
順調に成長して、一日も早く良い花を、皆様にお見せ出来ますようにと見守るばかりです。
今日の画像は、雪の舞う中での撮影でしたので、雪と共にお届けします。                                                                                                                                   
f0085369_2205460.jpg


牡丹園は、菖蒲園の南側の山の方向に位置します。                                               
f0085369_20392472.jpg

樹高が1m未満なのが矮牡丹。葉の切れ込みが深く一見南天のような形の紫斑牡丹。
矮牡丹の葉がさらに深く切れ込み、葉脈に欠刻が多い四川牡丹等。
350種類3,000株の牡丹が艶やかに、次々に咲きます。
見頃は4月中旬~五月初旬頃になります。
牡丹の花に蛇の目傘、これはただの飾りだけではなく、牡丹の花は、雨に濡れると早く散ってしまうのでそれを防ぎ、花を長持ちさせたく雨水をさける為です。

この頃は山の斜面に黄色のレンゲツツジも見る事が出来ます。
そして遊歩道を散策しながら菖蒲園側の石楠花(しゃくなげ)も楽しむことが出来ます。

私も、ブログで「開花速報」を送ることが出来て嬉しく思ってます。(撮影・平成17年5月)
[PR]
by ksakura280796 | 2006-03-19 23:07